ドメインとは…

ドメインって?

ドメインは現実の世界でいう所の『住所』のようなものです。地球には何十億の人が住んでいますが、その人へ手紙を届けるには『住所』がわかれば地球のどこにいても届ける事ができます。

ホームページを作っても、その場所がわからなければ誰もみることができません。ホームページはインターネット上に無数にあり、目的のホームページに確実にたどり着くには、住所である『ドメイン』が必要になります。

具体的には『http://yahoo.co.jp』や『http://google.com』などがホームページの住所『ドメイン』です。
この『ドメイン』さえわかれば、目的のホームページを閲覧することができるのです。

例えば『http://yahoo.co.jp』というドメインを使用できるのは、ヤフーだけでヤフーがこのドメインを手放さない限り、『yahoo.co.jp』というドメインを他の企業が取得することは決してできません。yahoo.co.jpは世界で1つだけしか発行されないので、ドメイン取得は早いもの勝ちなのです。

ドメインの種類

ドメインにも様々な種類があります。例えばこの『xxxxxx.com』ですが、『xxxxxx』の部分は好きな文字列を取得できます。好きな文字列と書きましたが、先ほども書いたように「世界で1つだけしか発行されない」のですでに使われていない事が条件です。
よく見るとその後には『.com』という部分がありますが、この部分に様々な種類が存在します。

.com, .net, .org, .biz, .info, .jpなどなど、たくさんありすぎてドメイン取得の際に迷ってしまいそうですが、おすすめなのは、『.com』や『.jp』です。どちらも有名なネットサービスで利用されているので人気があります。そのため取得する名前によっては、すでに取得されていることも多いです。
また、法人であれば『.co.jp』の取得もおすすめです。『.co.jp』は法人企業でなければ取得できませんので、ドメインに信頼感や安心感が得られます。

  • オススメは『.com』や『.jp』
  • 法人であれば『.co.jp』もオススメ

ドメインの価格

価格は種類によってバラつきはありますが、年間数百円〜数千円程度です。

ドメインを決める

ドメインを決めるのは、とても楽しいひとときです。いつも「.com」で取得したいと思い、取得可能な文字列を探すのですが、1つの単語では、ほぼ取得不可能だと思います。そこで、単語と単語をつなぐのですが、その時に使えるのが「-」(ハイフン)や「_」(アンダーバー)なのですが、どちらもスマホで入力がしにくい!ましなのが「-」(ハイフン)なのでこちらをよく使います。
ローマ字でも日本語によってはかっこいいかもしれませんね。

ドメイン取得の方法はこちらも参考にしてください。